ディンと殴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

贋作についての話

今日少し、問題があったのだ。
ちょっとした知り合いに、偶然にも出会い、少しの間談笑していたのだ。
そいつが持っていたバッグには"NUMA"と書いてあり、その横にはヒョウっぽい動物のロゴがあった。
これは、本来PUMAであるメーカーの、いわゆる贋作、パチモンである。(と判断した。)
俺は、そのことについて槍玉に挙げようか迷ったあげく、結局口に出すことはなかった。
そして、ほどなくして俺らは別れ、帰路についたわけなのだが。
内心では、「いや、NUMAってwww」みたいな感じである。
まあ、何が問題だったかというと、
家に帰って自分のバッグを見たらNUMAって書いてあったのだ。
そこまで、たいしたことではあるまい。
スポンサーサイト
22:51 : トラックバック(0)  コメント(0)

かき氷

氷を作るという発想だけならまだしも、それを削るなんて。
ましてや、その上にシロップをかけるなんて、神の発想である。
よって、かき氷は神の作りし食べ物なのである。
神もかき氷食べるのかなー。

神「しゃくしゃく」
(頭キーンってなる)
神「フグググ・・」
(頭かかえて足じたばた)

かわいいなおい
21:46 : ラッパの落し物トラックバック(0)  コメント(0)

潜在能力(指数)の話

今日は潜在能力(指数)について話をしたいと思う。
潜在能力がなんたるかということをかいつまんで説明しようと思ったが
、ネットで調べて引用したほうが正確かつ簡単であるということに気づいたので、
ウィキペーダ(どこだそれ)みたいなサイトから引用させていただく。

(以下引用)

PQとは、Potentiality Quotientの頭文字をとったもので、潜在能力指数という意味である。
2005年にはHQ(Humanity/Hyper-Quotient )に改称された。
前頭前野がもたらすヒトをヒトたらしめる意識や知性、知能、感情制御、社会性をもたらす機能の総称である。
PQの発達は8才がピークで子供のPQを高める方法には、
読書(音読)、計算、会話、豊かな人間関係、遊び等が指摘されている。

また、跳ね返すことが出来る程度の適度のストレス、
躾けや武道の鍛錬なども脳内ホルモンのドーパミンが分泌して、
前頭連合野の働きを活性化させる。

つまり、潜在能力というのは養育環境に依存するということを頭に入れておいてほしい。
しかし、この説明を読む限り、潜在能力というのは、我々の漫画的イメージとはかけ離れているのだ。
だから、たとえば森山直太朗が母の死によって100倍のざわわを歌えるとは限らないわけだ。
うーん、たとえが意味不明だ。助けてビギン。
なんでこんなことを書いたかって?更新するネタがなかったからだよ!
一番最初に思いついた単語について書くことにしたのさ!
落ちなし!今日は終わり!ばいばい!
02:08 : 貧乏ゆすりと僕トラックバック(0)  コメント(0)

バイト後の嘆き

AMだとかFMだとかのたまったけど(前の記事を参照されたし)
結局あとで見てみて後悔するような記事であったことは間違いない。
ただ、バイト後は何だか感傷的になってしまっていけない。
今日は雷雨ということもあり、なおさら空気が物哀しく感じるのも間違いない。
バイトだとか、Edyだとか、部門登録だとか、料金収納だとか、僕にはどうでもいい話です。
だから、今回もストローと箸をつけるのはやめておこう・・。
ありがとうございました。
23:06 : たけのこのマーチトラックバック(0)  コメント(0)

バイト前の嘆き

起きたら既にAMの世界ではなくてFMの世界に腰を下ろしていたのだから恐ろしいものです。
FMTVへようこそ、パーソナリティの神島東陽です。いや誰やねん。
大層な物言いになってしまいましたが、ただ起きたら午後だったというだけの話です。
いやー、そんなくだらないことを書いている間にバイトの時間が迫っているから恐ろしいものです。
ベイベベイベベイベベイベー 俺のすべてはー お前のものさー
江頭のテーマが耳から離れないのです。
今の僕の顔はラッセンの絵画のように青いに違いありません。
現在の僕は名画だ。生きる名画だ。ルーブル美術館の人、垂涎の品だ。
またくだらないことを気付けば書いているから恐ろしいものです。
この現象の恐ろしいところは、無意識に書いてしまうから恐ろしいのです。
さて、そんなこんなで時間もなくなりつつあるので、世界で一番魔王様を聞いてバイトに行きます。
頑張れ踊るサンクス店員!人として軸がいらっしゃいませー。
16:40 : ごぼうトラックバック(0)  コメント(0)

Bonjule

はい、みなさんBonjule(また適当な単語が出た)
いやー、こんな時間に起きてしまったものですから、仕方なく重い筆をとりましたよ。
筆というより、クレヨンで書いていますけどね。夢の48色。
クレヨンと言えば、小学生の頃の図工の時間、クレヨンの箱をあけたらそこから。
ゴキブリなんて呼ばれるものがサラサーっと出てきたのは今でもトラウマですはい。
そんなせいで僕はクレヨンの箱あけられないのー症候群の1人になってしまったわけです。
世界で4人しかいないと聞きました。あと3人はBEGINの人々です。
はい適当来ました適当。
じゃあビギンつながりでハンチングかぶりながら涙そうそうでお別れしたいと思います。

(さくら~ふぶ~きの~)

えっ?違う?この曲違うの?

(さらい~のそ~らへ~)

ごめん、止まらないよ!ごめん!

(いつかかえ~る~そのときま~で~)

(ゆめは・・)

あっ、止まった
04:40 : 仏像トラックバック(0)  コメント(0)

クワガタについて(転載)

いやーでもさ、なんというかクワガタってめちゃくちゃかわいいんですよ。
やばいね、造形といい、目といい、動きといい。
さっきエサあげに行ったんです、スイカの皮ね。
あ、2匹いるんです、2匹。クワガタが。
両方とも、ヒラタクワガタで、オスなんです、両方。
え、だってオスのほうが、かわいいじゃないですか。
圧倒的ですよ。あのハサミがかわいらしいんじゃないですか。
あのハサミの動かし方ですよ、あの。
えっ、いやいや、ホモセクシャルじゃないですよ。
あ、いやホモサピエンスですけど。確かにそっちはホモですよ。
いやー脱線しまくりましたね。エサをあげたところからですね。
最新号に書いてあったんですよ。スイカの皮はあまりよくないって。
え、最新号ですよ。月刊クワガタエースのですよ。
ご存じないですか。定価980円のところ創刊号は290円なんですよ。
創刊号なんて1度も出たことがないですけどね。ハハハ。
そうそう、スイカの皮ですね。これはよくないそうなんですよ。
水分が多いので、下痢をしやすいんですって。
そんなことが雑誌に書いてあったのを思い出して。
クワガタの虫かごのフタをあけて、スイカの皮を投入する直前ですよ。
その状態で思い出しましたからね。危うかったですわ。
そう、それでスイカの皮をあげようとする姿勢のまま、考えたんですよ。
手のモーションがもう、ダルビッシュみたいに構えてるんですよ。
その状態で思ったんですよ。クワガタの下痢って超見たい・・。
背徳的なんてもんじゃないですよ。クワガタの痴態ですよ。
ダルビッシュどころじゃない、デルビッシュですよ。クワガタぁ。
でも、やっぱり手塩にかけて育てたクワガタですよ。
死んだら嫌じゃないですか。悲しいじゃないですか。
4700円の損じゃないですか。昆虫ゼリーが余るじゃないですか。
だから、迷うんですよ。葛藤があるんですよ。葛藤が。
でも、やっぱり、痴態が勝ったんですよ。考えること14分。
見たい!痴態見たい触りたい!邪ですよ。ここ横浜ですけどね。
そして、ダルビッシュのモーションからスイカの皮を投げ入れたんですわ。
151kmは出てたんじゃないかなと。いい直球投げんじゃねえかって。
こんな速さで入れた皮で押しつぶされてないか心配になりましてね。
え、クワガタですよ。クワガタに決まってるじゃないですか。
誰が虫かごの中にある、木のオブジェなんて心配するんですか。
確かに芸術的なフォルムですけど。流線形美しいですけど。
だから、クワガタが心配で、心配で。虫かご覗き・・
ちょ、逃げとる!
03:27 : 貧乏ゆすりと僕トラックバック(0)  コメント(0)

闇に~輝くぅ~

それでいいよの便利さは異常

誰か僕に3万円ください

< 思わず吹いたスレタイとか >
 ...続きを読む
02:37 : ろくろくさんじゅうろくトラックバック(0)  コメント(3)

ゆく年くる年

えっ、もう2008年?
20:55 : 仏像トラックバック(0)  コメント(0)

爺さんのここほれワンワンのコーナー

じじい「ここを掘るのぢゃ」

(ザックザック)

これはいい漬け物
22:55 : 仏像トラックバック(0)  コメント(0)

母さんのここは母さんのコーナー

母「おなかを痛めて産んだ子」

母「この荷物はちょっとかさばるから」
22:54 : ろくろくさんじゅうろくトラックバック(0)  コメント(0)

父さんのここは通さんのコーナー

父「ここは通さばってん」
22:51 : 仏像トラックバック(0)  コメント(0)

小学生問題1

さて、タイトルで大っぴらに小学生の問題などと言ってしまったが、特に意味はないのだ。
あとの数字も、便宜的につけたが、続く予定なんて毛頭ないのだ。はげ頭。
今回の議題はこれだ。
「学校の先生をお母さんと呼んでしまう。」
解決策はないのだ。
だから、代替案を羅列するので、好きな行動をチョイスして猛進して欲しい。

むしろ、お父さんと呼ぶ。
ベタだが、有効である。
ここに複雑な家族関係が相見えてしまい、昼ドラのような展開があったりなかったり・・。

ここで、ウルトラマンを呼ぶ。
呼ぶシリーズでは最強である。
呼べば現れる即席ヒーロー。これほど頼もしいものはないだろう。
3分で帰るというデメリットなど、デメリットでもなんでもない。
突然のウルトラマンの出現にみんなそれどころじゃない。
おそらく、第35話の「怪獣墓場」に出てきた、怪獣シーボーズの行く末を聞きたがるだろう。
だが、私はシーボーズより、ブルトンと戦った時の感想を聞きたい。
ジュワ?ジュワワジュワジュワジュワ?
日本語でおk

争いをやめる
深いのだ。
今まで誰と争っていたのか知らないが、これがきっかけで争いが止まるのであれば。
これほど喜ばしいことはないだろう。
先生、ありがとう。

最新号から読む
深いのだ。
読みたいマンガがあっても、ここは最新号から読み、裏をかくのだ。
ただし、1話読みきり形式ならばよいが、ストーリー形式であった場合は痛い損害を被るであろう。


小太鼓から叩く
通常なら、大太鼓から入るところを、軽い音で不燃させるのだ。
ドーン予定のところを、スカーン。
スカーン
スカーン
ううっ、もう小太鼓を叩くのはやめてくれー!
チーン
あっ、誰かトライアングル叩いた

00:51 : ろくろくさんじゅうろくトラックバック(0)  コメント(0)

荒れる博愛主義者

タイトルの通りである。
博愛主義なのだ。
Q.誰が?
A.誰かが。
僕ではないだろう。
以上。
00:34 : コアラの里トラックバック(0)  コメント(0)

地獄遊戯

今日はとても涼しかったので、外に出かけてみた。
特に行くあてもなかったので、ぶらぶらと自転車で走っていた。
すると、寂れたゲーム屋を発見。
少し見てみようかと思い、ふらっと立ち寄る。
いろいろ見てみるものの、何の変哲もない、ゲーム屋だった。
すると、その一角にぽつねんとたたずむスロット台。
おそ松くんと、北斗と、吉宗と、巨人の星があった。
なんとも、全台設定6とか書いてある。疑わしいものだ。
データカウンターがないから、吉宗はやめ。
北斗はあんま好きじゃないので、おそ松か巨人。
やはり、梶原一騎ファンとして巨人を打つことに。
100円で30クレジットだ。
つつつーっと回していると、200円ほどでバケ。
こらいいや、と思いバケを消化すると、すぐに連。
しかし、これもバケ。仕方ないなー、と思いながら回す。
すると、バケ2連のクレジットが溶かされた。
追加クレジットを入れるも、なかなかつかない。
500円ほど追加でやっと特訓モード突入。
すると、すぐ4リプ。さすが俺だ。
しかし、またもバケ。
なんじゃこのバケ台は。
なんて考えていると、すぐに連チャン。
今度はビジだ。
程なくして、クレジットが400に達した。すると、強制的に景品に代わる。
変なマスコットの景品が出てくる。なんじゃこれ。いらん。
仕方なく残りのクレジットでビジを消化すると、1パンしてしまう。
そりゃねえぜ、なんつって思いながらクレジット追加。
けっこう回してもおとなしいので、仕方なくやめ。
結局1000円ちょい溶かされて、景品は変なマスコット。
まあでも、いい暇つぶしにはなった。
19:58 : トラックバック(0)  コメント(0)

懐石

エアコンをつけたままで寝たつもりでいたら、消えていた。
かわりにテレビはついていた。
仕方がないのでラジオ体操をした。健康だなあ。
20:38 : 可能性の男トラックバック(0)  コメント(0)

千里眼

祖母の教え。
グラタンに入ったマカロニの穴を覗くのだ。
さすれば未来を見通せるのだと。
そっと目にマカロニを近付けた。
・・熱い!
これを火傷と呼ぶらしい。
祖母の教えは回りくどいが、わかりやすいのだ。
また勉強になってしまった。
21:48 : テントウムシトラックバック(0)  コメント(0)

Admit

目が覚めるとそこにはいつもと違う風景があった。
慣れ親しんだ部屋はどこにもなくて、空虚な空間がそこに広がっていた。
2畳半程度の部屋だ。どこか狭苦しいのだが、落ち着く環境だ。
母胎回帰というものだろうか。暗く、狭苦しい部屋に何か安定性を感じている。
部屋を見回して、私はあることに気付いた。
この部屋には、出口がないのだ。もとい、入口がないのだ。
つまり、ここには扉も窓も風穴も隙間もないのだ。
このとき、私は直感したのだ。
私はこの部屋から出れないのだと。
私は部屋の中をよく探してみた。
すると、古びたカッターナイフが無造作に投げ出されているのに気づいた。
私は直感した。自ら命を絶つことを赦されているのだと。
そうか、そうだろうな。こういう夢を見る日もあるさ。
私はカッターナイフを置いた。
21:43 : 改札口トラックバック(0)  コメント(0)

外部接続に失敗しました

ラ・ラ・ヘンデル。
今回は、初の試みとして、リンクを貼ってみました。
僕は、とても飽きっぽい性格なので、ブログが長続きする気がしません。
なので、リンクを貼って自分に刺激を与える試み。
すべて無断リンクなので、ダメな人は怒ってください。
イッツァスモールワールド。
22:56 : Well(上手に)トラックバック(0)  コメント(0)

ベスト・アルバム


・サガラミドリさん(ホフ・ディラン)
・イヅミさん(ザ・タイマーズ)
・あたまのふくれたこどもたち(たま)
・SUNNY BLUE(フィッシュマンズ)
・美しき自然(ソウルフラワーモノノケサミット)
・だんだん畑(パスカルズ)
・月のひざし(しょぼたま)
・陰獣(人間椅子)
・夜歩くプラネタリウム人間(筋肉少女帯)
・トンネルぬけて(ボ・ガンボス)
・諸行でムーチョ(渋さ知らズ)
・Bad Whiskey Breakdown(夜のストレンジャーズ)
・まちには裸で座り込んでいる(友部正人)
・空が落ちてくる(友部正人+たま)
・月がみてたよ(知久寿焼)

これで15曲だと思います。
ジャンルのまとまりもなく、全部通すと聞きづらいと思います。
これじゃアルバムになりませんね。
まあ、いいか。
22:19 : テントウムシトラックバック(0)  コメント(0)

グローバル・スター

ネットなんて、イリーガルでアングラな世界だという先入観でものを見ると、痛い目に遭うのだ。
目に見えないだけで、この画面越しには、数億の眼が見ているのだ。
そして、数億の耳が聞き、数億の脳で処理されるのだ。
三次元の手でタイピングされた二次元の文章は、考える以上に異次元な世界に飛び込むのだ。
異次元であるからには、我々の想像では推し量ることが出来ないのだ。
誰が見て、何が起きるのか、それはただ単にZ軸を失った平面の想像に過ぎない。
三次元の我々の思考は結局、二次元であることを忘れてはならない。

四次元怪獣ブルトン。
21:29 : 貧乏ゆすりと僕トラックバック(0)  コメント(0)

飛べ


地球の面積は、149,597,870 kmだ。
それをふまえた上で、飛ぶ。
飛距離は76cmだ。矮小だ。
21:20 : ごぼうトラックバック(0)  コメント(0)

傾斜

大抵の男児は、特撮モノの番組を見て育つものである。
○○レンジャーの赤レンジャーに憧れ、××マンの怪獣におびえながら成長をするのである。
傾斜的にこの番組を見ると、極めて暴力的であり、健全な成長に悪影響を及ぼす、と考える人がいる。
だが、幼少時の思考は、平和的であり、正義として定められたベクトルに傾くのだ。
だから、親が善悪に対する教育を施す必要がある、というのが条件なのだ。

ところで、私は幼少時に特撮番組を見たことがなかった。
親が見せなかった、とかいうことではない。
単に興味がなかったのである。
眼前のテレビよりも、砂場のほうが好きだったし。
眼前のテレビよりも、虫取りが好きだったし。

そんなだから、僕は砂場で作ったおにぎりは食べられないと学んだのである。
21:03 : 児玉清トラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。